2017年03月14日

バッファロー LS410D0201CでNTFSフォーマットの外付けHDDが読み書き出来た!

先日購入したリンクステーションですが、購入したきっかけはNTFSでフォーマットした外付けHDDの読み書きが出来る事です。

以前、玄人箱をDebian化して遊んでいました。
LinuxでNTFSが読み書きできるアプリが有りインストールしましたが、上手く作動が出来ない経験が有ります。
悔しい経験も有り、NTFSでフォーマットされた外付けHDDの読み書きが出来るのは凄く魅力でした。

実際にNTFSでフォーマットされた外付けHDDを接続してみるとバッチリ認識し、読み書きが出来ました。
接続したHDDは先日故障した3TBのHDDです。容量が変なのですが、しっかりと作動をしています(-_-;)
LS410D認識.jpg

仕様上、NTFSフォーマットされた外付けHDDの読み書きが出来る事は理解していました。
しかし実際に見ると感激しました。
これで、Windowsパソコンのバックアップ用の外付けHDDがリンクステーション接続でもバックアップが取れます!!

ちなみに、リンクステーションではNTFSでHDDをフォーマット出来ません。
Windowsパソコンでフォーマットすれば良いので、全く問題有りません。
この機種以降はNTFSのHDDの読み書きが出来ると嬉しいです!!


posted by bourbon at 00:11| Comment(1) | TrackBack(0) | リンクステーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
PCを自作しなくなって随分経つせいか、最近のパーツ事情に疎くなる一方だ。
PCはこの先どうなっていくのだろう。自分の知識がどんどん古臭くなっていくばかり。
Posted by アローン at 2017年03月17日 18:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック