2017年03月07日

mSATAの2.5インチHDDアダプターと、3.5インチアダプター

先日、ThinkPad T43で使用していたmSATAと2.5インチアダプターを再利用して外付けHDD化しました。
ところが、アマゾンを見ていて悪い病気が発病しました(-_-;)

今回購入したのは、mSATAを2.5インチSATAのHDD化するアダプターと、2.5インチHDDを3.5インチベイに取り付けるアダプターを購入しました。
IMG_8054.jpg

購入場所はアマゾンです。
玄人志向 セレクトシリーズ mSATA SSD SATA変換アダプター KRHK-MSATA/S7 2,052円
オウルテック 2.5インチHDD/SSD用→3.5インチサイズ変換ブラケット ネジセット付き ブラック OWL-BRKT04(B) 514円
合計は2,566円でした。

玄人志向のアダプターは少し高かったのですが、IDE化した時に購入した玄人志向の製品の作りが良かったので購入する事に決めました。
3.5インチアダプターはアマゾンのカスタマーレビューで評価が良かったのでオウルテック製品にしました。

SATAアダプターとIDEアダプター
比較すると端子の部分が違うだけのように見えます。
IMG_8056.jpg

mSATAの取り付け
所有していたmSATAをアダプターに取り付けました。取り付け方法はIDEアダプターと全く同じです。
IMG_8060.jpg

今使用しているデスクトップパソコンの起動ディスクにするか、先日購入したバッファローのNASをSSD化しようと考えています。

先ずは、NASのSSD化をして、最終的にはデスクトップパソコンに移植する感じです。




続きを読む
posted by bourbon at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

3TBの外付けHDDが故障(>_<)

バックアップに使用している3TBの外付けHDDに大きな容量のファイルがコピー出来なくなりました…
エラーメッセージは「0x80070057パラメーターが間違っています。」でした。
0x80070057パラメーターが間違っています。_1.jpg

ところが、小さな多数のファイルはバックアップが出来ます…
原因不明です。原因究明の為に、先ずは2GB程度のデータを丸2日間かけてNASにバックアップしました。

ネットでチェックディスクのコマンドを探し、コマンドプロンプトで以下をタイプしました。
chkdsk /F /R /X J:
最後の「j:」はドライブ名です。

この作業も時間がかかると書いて有りましたが、私の場合18時間かかりました。
checkdisk.jpg

途中経過です。ETAが残り時間のようです。まだ6時間半残っています。
checkdisk_stage5.jpg

結局、「不明なエラーが発生しました」とのメッセージが出ました。
checkdisk_不明なエラーが発生しました.jpg

いよいよ故障の度合いが高まりました。
Windows10でディスクの初期化をすると、3TBのHDDの容量が746GBと認識されました。
3TBdisk_1.jpg

LinuxのOSで確認しても同じ容量でした。
完全にHDDが故障している事が確認出来ました。

新しいHDDを物色しないと駄目ですね…

posted by bourbon at 23:45| Comment(2) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

テレビにパソコン画面を映してみました・・・Windows10

以前購入したバッファローのGX-HDMI/U2を使ってデスクトップパソコンの画面をテレビに映しました。
今使用しているデスクトップパソコンのディスプレーのスイッチがイマイチ接触が良くないのです。
新しいディスプレーの購入を検討していますが、テレビを購入しようと考えています。

GX-HDMI/U2はWindows10でドライバーが上手く作動しないとの情報が有りましたが、画面も音声も特に問題無かったです。
IMG_7734.jpg

IMG_7736.jpg

しかしHDMIの出力があるビデオボードを購入するまではテレビをディスプレーとして使用しても大丈夫だと判りました!!
今回接続したテレビは19インチです。もう少し大きなサイズのテレビを物色したいと思います。

posted by bourbon at 00:29| Comment(2) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月13日

T43のSSD化とWindows10のクリーンインストール

先日、Windows10をインストールしたThinkPad T43ですが、ハードディスクの容量が40GBと少なく、操作時にひっかかりが有りました。
10年以上前の機種なので、作動が遅くても仕方が無いと思っていました。
しかしハードディスクへのアクセスが遅い気がしてきたので、大容量のハードディスクに交換する事にしました。

T43で使用しているハードディスクはIDE接続で中古でしか入手が出来ない状況です。
SSDも探しましたが、結構お高い…


64GB辺りのSSDを購入しようと思いましたが、玄人志向の製品で、mSATAをIDEに変換するアダプターが有りアマゾンで購入しました。128GBのmSATAと併せて9532円でした。

Transcend SSD 128GB mSATA3 6Gb/s 3年保証 TS128GMSA370 7480円
IMG_5743.jpg

玄人志向 セレクトシリーズ mSATA SSD IDE変換アダプター KRHK-MSATA/I9 2052円
IMG_5738.jpg

IMG_5739.jpg

この組み合わせでブートが出来るカスタマーレビューが多かったのも良かったです。
SSDの64GBのお値段で128GB化出来ました。

アダプターにmSATAを装着してThinkPadのハードディスクと交換するだけで装着が完了しました。
IMG_5745.jpg

Windows10のクリーンインストール
今まで使用していたハードディスクをmSATAにクローンしようと思いましたが、Windows10をクリーンインストールする事にしました。T43のWindows10はライセンス認証をされていますし、プロダクトキー無しでライセンス認証の確認もできます。しかしパソコンの構成部品がmSATAに変更になっているのが少し心配でした。
注意事項はここに記載されています。

Windows10をクリーンインストールする時に2回程、プロダクトキーの入力を求められますが、「skip」対応で入力せずにインストールが完了しました。
その後、ライセンス認証状態を確認しましたが、無事にライセンス認証がされていました。

今まで発生した「ひっかかり」事象も無くなり凄く快適なパソコンになりました。
10年前のパソコンとは思えません。
古いパソコン+SSD+Windows10は良い組み合わせになりました。



posted by bourbon at 00:05| Comment(2) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月30日

ThinkaPad T43にWindows10proをインストール

子供が使用していたThinkPad T43が現役を引退しました。
このパソコンは2005年3月8日に発表された機種で既に10年以上経ちます。
当時のフラッグシップ機種だったのでキーボードのタッチは非常に良いです。
解像度は1028x768ドットですが画面が大きいので使いやすいです。
スペックはここをクリックして下さい。

通常ならオークションで処分するのですが、Windows10が使用出来るかインストールしてみました。
不要になったWindows7SP1をインストールしてライセンス認証を行った後にWindows10proをインストールしました。
Windows10.jpg

結果、2つのデバイスが使用出来ませんが、特に問題なくインストール出来ました。
10デバイスマネージャー.jpg

特にドライバー類をインストールしなくてもパソコンとして使用が出来るのにはビックリしました。
サスペンドやボリューム、照明などのファンクションキーも使用出来ます。
10年以上前の機種に最新のOSがインストール出来たのは本当にビックリです。

少し困ったのはファンクションキーでWifiのON-OFFが出来ない事です。
ググってみたら、古いバージョンの「ホットキー機能統合」が使えるみたいなのでインストールしました。
ここから直接ダウンロードが出来ます。

赤外線と不明なデバイスが有りますが、特に問題無いです。
重い作業は流石に無理ですが、ウェブ閲覧やログ書きならバッチリです。
この記事もT43で書いています。

起動もそんなに遅くないです。
結構お気に入りのパソコンになりました!
処分しても数千円にしかならないので、暫く使用してみようと思います。

posted by bourbon at 10:03| Comment(2) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする