2015年01月27日

nifty Wimaxを解約

昨年の1月にNexus7(2012)のおまけ付きのNifty Wiamxを契約しました。
1年間の間に、とにかく速度が遅かったのですが違約金を支払うのが嫌だったので我慢していました。

Wimax2の販促もあり、Wimaxは以前の速度を歌わなくなりました。
私の単身赴任の環境では販促以前は大体コンスタントに最高速度が800kbpsでした。
しかし販促後?は速度が不安定になり、最低速度は120kbpsまで落ちる事が多くなり解約を決意しました。

もともとWimaxを選んだのはパケットが無制限だった事が要素として大きかったのですが、1年間の使用で月々の使用パケットが7GBに収まる事が判ったもの解約の理由の一つです。

Wimaxは携帯と違いトラブルが有っても対応が遅い事も気になっていました。
とにかく通信不具合が有っても3日間不通って事が有りましたから、アパートでネットが使えないと寝るしか有りません(実際はiijmioの入ったスマホでテザリングをしていました)。
やっぱり携帯会社とは考え方自体が違うようです。

また通信が遅い事や不安定になった事をniftyのサポートに連絡しましたが、まともな回答が帰って来なかった事も解約の一つです。
Niftyサポートの言い分はWimaxだからそちらに確認して欲しいとの事で、契約者としての自覚が有りませんでした。Niftyでも担当部門でお客様の対応が全く違う事にガッカリしました。

以前、子供のauスマホにWimaxが搭載され、使用者の意思とは関係なしに勝手につながり500円請求される事で良い思いをしていないWimaxなので、相性が良くなかったのは確かです。
ユーザーの事を考えない会社は存続が難しいと思っています。

今は1年前と異なり、格安SIMのパケット使用量が拡大しています。
わざわざ遅いWimaxを使う事より格安SIM運用の方がお財布にも優しいです。

次は、iijmioのファミリープラン(7GBの通信制限有り)にコース変更をするか、パケット無制限をうたっているb-mobileの高速定額にするかを検討中です。
やっぱりパケット無制限は魅力的です。しかしb-mobileの通信速度が遅かったり不安定なのが気になっています。

通信料金
今までの契約
@nifty WiMAX Flat年間パスポート:3693円
iijmioスタートアッププラン:972円
今までは合計した4665円を支払っていました。

検討中のプラン
iijmioファミリープラン(SIM3枚付):2764円
or
b-mobile高速定額プラン:2138円
iijmioスタートアッププラン:972円
合計は3110円

検討中のプランの両方共今までの支払より安く上がります。

iijmioのファミリープランへの変更は7GBの制限が有りますが、SIMが3枚利用できるのが魅力です(SIM3枚の合計が7GB)し、速度の実績があります。

一方、b-mobileを選択するとパケット無制限が魅力ですが、通信速度が不安です。
ネットで検索すると、遅くて使えないとの書きこみと、メッチャ速度が出るとの書き込みがありよく判らない状況です。

現在、契約しているiijmioスタートアッププランは繰越があり、約3.5GBの残りが有ります。
2月になれば4GB使える計算なので、b-mobileの状況をもう少し見てから判断したいと思います。

どちらの格安SIMを契約するにしてもモバイルルーターは必要なので先に購入しようかと思っています。
契約しましたら、ご報告をしようと思います。

posted by bourbon at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月15日

PCI express miniのLANを購入・・・人柱報告

先日秋葉原に行った時に、ノートPCで使用されているPCI express miniのLANカードを購入しました。

ジャンク品で、ネットで調べたら「Atheros」の製品のようです。

ネットでドライバーを落としてから、購入した「Atheros」をIBM T60に取り付けてスイッチオン!

ところが、1802エラーが出てOSが立ち上がらない・・・。
ネットで調べると、ThinkPadは、純正以外の無線LANボードはBIOSレベルで規制をかけている事が判明しました。
それもメジャーな問題のようです。

規制をかけている理由は電波法との事・・・。

なので取り付けは諦めました・・・。
もっとネットで調べてから購入すれば良かったかも!

家にあるノートパソコンはThinkPadのみなので完全にお手上げです。
結局、事前調査をすれば問題の無かったのに、人柱になりました・・・。

DSC01895.JPG

DSC01896.JPG

posted by bourbon at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月26日

WHR-G300NのルーターとThinkPad X61の相性

バッファローのWHR-G300Nを使い始めてしばらく経ちますが、ThinkPad X61で使用すると無線LANの接続が頻繁に切れる現象が起きていました。

はじめはX61の無線LANのドライバーだと思って色々と試したのですが、解消できないままでした。

他のパソコンでは同じ現象が起きません。

またX61はwindows7で使用していた時にも同じ現象を経験しませんでした。

WHR-G300NとThinkpad X61&windowsXPの組み合わせで発生するみたいです。

色々ネットで調べて、WHR-G300Nの設定で解消することができました。
方法は「無線設定」の「WPS機能」を使用しないことです。

この「WPS機能」は無線セキュリティ情報を安全にWPS対応機器へ配布することができる機能のようです。

この機能をOFFにしても、他のパソコンでも接続ができるし、X61で使用していても頻繁に接続が切れる事象が解消されました。

しばらくこの設定で使用して様子をみたいと思います。

posted by bourbon at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

ホームネットワークでルーター2台設定

家ではインターネットモデムの後にルーターを設置して、複数台からのインターネットアクセスが出来るように設定しています。

ルーターから少し離れた場所にHUBも入れています。

HUBの場合は、IPアドレスがルーターから割り当てられるので、HUBに対しては特別な設定をせずにインターネットに接続できます。

先日ルーターを買い換えたときに余っていたルーターが生かせないか試してみました。

結果から言うと、ルーターを2台使用してもインターネットに接続できました!

方法は簡単で、ルーター自体のIPアドレスを違うネットワークすることです。

例えば:
最初のルーターのIPアドレスが192.168.1.1だったとすれば、2台目のルーターは192.168.0.1とかに設定すれば、ネットワーク自体で競合せずに使用できます。
ちなみにサブネットマスクは255.255.255.0の場合です。

1代目が192.168.1.1で2台目を192.168.1.2に設定すると競合が起きるのでインターネットには接続できません。

これはサブネットマスクが影響していて、サブネットマスクでどのIPアドレスの範囲まで自分のネットワークだと認識しているかのようです。

なのでサブネットマスクが255.255.255.0の場合は右から2つめの値を変更しないとネットワークの競合が起きるようです。

2台のルーターを使用する場合、WAN側のIPアドレスはDHCP設定していた方が簡単に設定できます。

複数ルーターが使用できれば、各階に無線LANのルーターを設定して電波が良い状態でインターネットが使用できます。

ちなみに家の環境ではPLC(高速電力線通信)で接続していますので、各階に無線LANを設定すれば電波の良い状態でインターネットが楽しめます。

posted by bourbon at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月28日

WHR-G300Nの使用感

お正月休みにセットアップしようとしていたBUFFALOの無線ルーター WHR-G300Nを本日やっと稼動させました。

切羽詰まらないと、なかなか行動が起こせません・・・。

今まではCoregaを使用していていました。

無線ではステルス機能と暗号化していました。
LANの一般設定はルーター本体のIPアドレス変更とDHCPのIPアドレス設定をしていましたが、今回のBUFFALOの無線ルーターでも同じ設定ができました。

なのでパソコン側の設定は一切いじらずルーター設定をCoregaと同じ設定をすることで簡単にセッティングが完了しました。

ステルス機能は「ANY」接続を拒否することで実現するのには少し時間がかかりました。

とにかく本体が薄いし、接続速度の規格が11nになったせいか早いです。

一番嬉しかったのは、Ubuntu9.10で無線接続ができたことです。
今まで接続できない理由はルーターの仕様だと思っていましたが当たっていました。

Linuxで使用できるかの情報が少ないので、今回ルーターを変更してUbuntuで無線アクセスできて嬉しいです。

まだ実施していませんが、Windows Mobile6.1搭載のイーモバイルのS21HTでもDHCPで接続できそうです。

既にモデルチェンジをしているので入手は難しいと思いますが、年末に良い買い物ができました。
posted by bourbon at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする